組合等の設立や運営の支援、任意グループなどの緩やかな連携組織の形成支援などを行っています。金融・税制や労働問題など中小企業の経営についてお気軽にご相談ください!

当サイトは、Firefox,Chrome, Opera,Safariなどのモダンブラウザ最新版に最適化されています。

BCPを策定することのメリット

中小企業がBCPを策定すると、災害に強くなるだけでなく、日頃の事業においてもメリットがあります。

災害に強い企業になる

BCPは、従業員の安全を守り、中核事業を守り、顧客の信用を守るためのものです。BCPの策定によって、企業が災害を生き抜く術を手に入れることができます。

日頃から顧客等取引先の信用が高まる

BCP策定企業は、しっかりした企業と認識され、顧客等取引先からの信用が高まります。大企業の中には取引先に対してBCPの策定を要請するところもあります。

従業員や協力会社等との連帯が強まる

BCPは、従業員や協力会社等と一緒に取り組むこととなります。企業を守る経営者の姿勢を示すことで、従業員の安心感を生み、協力会社等との関係を強化することにつながります。

優遇金利で融資が受けられる

BCP策定企業が防災対策を進める際の費用について、優遇金利で融資を受けることができます。政府系中小企業金融機関や一部の民間金融機関で取り扱っています。

中長期の経営戦略を練る機会になる

BCPの策定は、優先すべき中核事業を絞り込んだり、経営資源の弱点を抽出したり、顧客や協力会社等との関係を再構築することとなり、経営戦略の立案そのものと言えます。

▲Pagetop