組合等の設立や運営の支援、任意グループなどの緩やかな連携組織の形成支援などを行っています。金融・税制や労働問題など中小企業の経営についてお気軽にご相談ください!

当サイトは、Firefox,Chrome, Opera,Safariなどのモダンブラウザ最新版に最適化されています。

ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金

27/2/13平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」1次公募についてはリンク先をご覧下さい。

8/30本補助金につきましては予算額に達しましたので申請を終了いたしました。

国の緊急経済対策(平成24年度補正予算)の重点事業の一つとして、ものづくり中小企業・小規模事業者が実施する試作品の開発(テスト販売を含む)や設備投資を支援するため、「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業」が創設されました。
山口県中小企業団体中央会は、本事業の山口県地域事務局として事業を実施しており、、ものづくり中小企業を支援しています。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

事業概要

きめ細かく顧客ニーズをとらえる創意工夫に取り組むために、中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関(認定支援機関)等と連携しつつ、ものづくり中小企業・小規模事業者が実施する試作品の開発や設備投資等を支援します。

山口県外での事業実施は各地域事務局にお問い合わせください。

補助金名

ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金 (通称:ものづくり補助金)

公募期間

8/30本補助金につきましては予算額に達しましたので申請を終了いたしました。

第2回公募(この公募は終了しました)

  • 公募開始:平成25年6月10日(月)
  • 公募締切:平成25年7月10日(水)[消印有効]締め切りました 採択先を決定しました

第1回公募(この公募は終了しました)

  • 1次公募受付開始:平成25年3月15日(金)
  • 1次公募第一次締切:平成25年3月25日(月)〔当日消印有効〕締め切りました 採択先を決定しました
  • 1次公募第二次締切:平成25年4月15日(月)〔当日消印有効〕締め切りました 採択先を決定しました

条件(対象行為、補助率、対象者等)

事業イメージ

  • 試作開発 ニッチ分野特化型(溶接等)
    潜在的なニーズがあるにもかかわらず、他社が気づかないまたは市場規模が小さいため参入しない隙間となっているニッチ分野について、町工場の高い技術力と機動力・柔軟性を活かし、試作開発を実施
  • 試作開発+テスト販売 サービス化型(精密機械製造)
    単に受注した製品を作るだけでなく、顧客の製品イメージを元に長年培った知恵と経験を活用し、より良い製品を作るための試作開発を行い、積極的に提案

  • 設備投資 小口化・短納期化型(精密金属加工)
    取引先の“特急で対応して欲しい”といったニーズに応えるため、IT関連の展示会に足を運び、バーコードによる工程・原価管理システムを導入し、製品管理の効率化と納期短縮化を実現

補助金額・補助率

補助上限額:1,000万円 補助率:3分の2

補助対象経費

原材料費、機械装置費、外注加工費、技術導入費、直接人件費、委託費、知的財産権関連経費、専門家謝金、専門家旅費、運搬費、雑役務費補助対象者・補助対象事業

ものづくり中小企業・小規模事業者が実施する試作品の開発や設備投資等の取組みであり、以下の要件をすべて満たす事業であること。

  1. 顧客ニーズにきめ細かく対応した競争力強化の形態として、以下のいずれかの類型に概ね合致する事業であること

    (1) 小口化・短納期化型
      グローバル競争が激化し、顧客顧客ニーズが多様化する中、顧客からの多品種少量生産・短納期化のニーズに対応可能な体制を構築

     (2) ワンストップ化型
      複数の技術を組み合わせた一貫生産体制の導入などを通じて、顧客の幅広いニーズに迅速に対応可能な体制を構築

     (3) サービス化型
      長年培った知恵と経験を活用し、顧客のニーズに対して中小企業側から積極的な提案を行うなど、製品以外の付加価値をつけた形での商品提供が可能な体制を構築

     (4) ニッチ分野特化型
      潜在的なニーズがあるにもかかわらず、他社が気付かないまたは市場規模が小さいため参入しない隙間となっているニッチ分野について、ものづくり中小企業・小規模事業者の高い技術力と機動力・柔軟性を活かし、経営資源を集中して競争力を強化する体制を構築

     (5) 生産プロセス強化型
      新興国企業との競合や原材料価格の高騰などを背景に、低価格化のニーズに応えるべく、ものづくり中小企業・小規模事業者の柔軟性と技術力を活用して、従来の生産プロセスを見直し、生産性を向上させることで、品質を落とさずに低コスト製品に対抗しうる製品を生産250412-1

  2. どのように他社と差別化し競争力を強化するかについての事業計画を提出し、その実効性について認定支援機関(※)により確認されていること

    (※)認定支援機関とは、「中小企業経営力強化支援法」により国が認定した個人・法人・中小企業支援機関(商工会等)等です。認定支援機関一覧はこちらをご覧ください。

  3.  わが国製造業の競争力を支える「中小ものづくり高度化法」22分野(※)の技術を活用した事業であること

(※)参考「中小ものづくり高度化法」22技術

1.組込みソフトウェアに係る技術 12.金属プレス加工に係る技術
2.金型に係る技術 13.位置決めに係る技術
3.冷凍空調に係る技術 14.切削加工に係る技術
4.電子部品・デバイスの実装に係る技術 15.繊維加工に係る技術
5.プラスチック成形加工に係る技術 16.高機能化学合成に係る技術
6.粉末冶金に係る技術 17.熱処理に係る技術
7.溶射・蒸着に係る技術 18.溶接に係る技術
8.鍛造に係る技術 19.塗装に係る技術
9.動力伝達に係る技術 20.めっきに係る技術
10.部材の締結に係る技術 21.発酵に係る技術
11.鋳造に係る技術 22.真空に係る技術

 

お問い合わせ先

山口県中小企業団体中央会 ものづくり支援室250412-2
山口県山口市中央4丁目5-16 商工会館6階
電話 083-922-2606(代表)  FAX 083-925-1860
電話 083-902-3755(ものづくり支援室)
ものづくりコーディネーター:白上(チーフ)、北、平田、瑞岡、佐伯

中央会担当者:吉田、浦川

▲Pagetop