中小企業組合とは

山口県中央会が支援する”中小企業組合”とは、それぞれ法律によって設立されています。その主なものは次のとおりです。

中小企業組合の種類

  • 事業協同組合(協同組合)…中小企業等協同組合法
  • 企業組合 …中小企業等協同組合法
  • 信用協同組合 …中小企業等協同組合法
  • 協業組合 …中小企業団体の組織に関する法律
  • 商工組合 …中小企業団体の組織に関する法律
  • 商店街振興組合…商店街振興組合法
  • 生活衛生同業組合…生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律

中小企業組合には、中小企業者同士が連携する「事業協同組合」と、個人や個人事業主同士がひとつの企業体となって連携する「企業組合」があります。その他にも、商店街では商店街振興組合がつくられ、アーケードや街路灯を設置して、地域の環境整備に取り組んでおります。また、業界全体の改善発達を図る「商工組合」、飲食業、旅館業、クリーニング業、理・美容業などの生活衛生業関連業者により構成される「生活衛生同業組合」等があります。 (様々な組合の種類はこちらをご覧ください。)

なお、組合を作る一歩手前にある「グループ化(任意団体)」について紹介したページはこちらです。

「協同組合」「企業組合」とは

ここでは、最近の設立数が多い「事業協同組合」と「企業組合」に絞って詳しくご説明します。画像をクリックしてリンク先をご覧ください。

法人組織比較表

事業協同組合って何?企業組合って何?そんなあなたには、各法人組織と組合とを比較してみることをお勧めします。

法人組織比較表 
(事業協同組合、企業組合等の組合組織と株式会社、一般社団法人等との比較)

設立までの流れ

組合を設立するためには、県や国等の行政庁の認可を受けるなど、一定の手続きが必要となります。

組合設立の手続きは、組合の種類によって若干異なりますが、概ね次のような手順で設立発起人が中心となって行います。

設立までのフロー図

詳細はこちらをご覧ください。

▲Pagetop

 
 

当サイトは、Firefox,Chrome, Opera,Safariなどのモダンブラウザ最新版に最適化されています。

投稿記事カテゴリー