組合等の設立や運営の支援、任意グループなどの緩やかな連携組織の形成支援などを行っています。金融・税制や労働問題など中小企業の経営についてお気軽にご相談ください!

当サイトは、Firefox,Chrome, Opera,Safariなどのモダンブラウザ最新版に最適化されています。

組合とは?

山口県中央会が支援する”組合”とは、中小企業組合のことで、「事業協同組合」や「企業組合」「商店街振興組合」等があります。

基本的には、中小企業の経営合理化及び取引条件の改善を図ることを目的として組織された、法人格を有する団体です。

事業協同組合

事業協同組合とは、中小企業者(個人事業者含む)を組合員とする組織で、組合員同士が互いに協力し、相互扶助の精神に基づいて、経営の合理化や経済的地位の向上・改善を図るための共同事業を行う組織です。つまり、1社ではなく、「仲間=組合員」を集めて「お互いの会社のメリットとなるような事業=共同事業」を行おう、というのが協同組合です。気心の合う同じニーズを持った事業者だけで比較的自由に設立でき、中小企業者にとって最も代表的な組合です。

詳しくは事業協同組合のページへ!

企業組合

企業組合は、個人事業者や主婦など、個人の方々(4人以上)が組合員となって資本と労働を持ち寄り、自らの働く場を創造するための組織で、「会社と同じ活動ができる組織」です。主婦、企業をリタイアした方、高齢者等が主体となって、自らの経験・ノウハウをいかして地元特産品の販売といった地域振興分野や介護福祉分野、IT関連分野等さまざまな分野で活用されています。

詳しくは企業組合のページへ!

協業組合

組合員になろうとする中小企業者が、従来から営んでいた事業を統合し、経営規模の適正化、技術水準の向上、設備や経営の近代化・合理化を進め、生産・販売能力の向上などを図ろうとする組合です。組合に統合した事業については、原則として、個々の組合員は事業として行うことができなくなります。

詳しくはその他の組合のページへ!

商工組合

商工組合は業界全体の改善 ・発展を図ることを主目的とする同業者による組合です。 したがって、業界を代表する同業組合的性格を有するとともに、設立にあたっては、組合の地区は原則として1以上の都道府県を地区すること、その地区内の同業者の2分の1以上が組合員となるものでなければならないこと等 の条件があります。

詳しくはその他の組合のページへ!

商店街振興組合

小売商業又はサービス業を営む事業者等が商店街を中心として設立するもので、街路灯、アーケード、カラー舗装、共同駐車場等の誘客・来街のための環境整備や文化教室、集会場などのコミュニティ施設 の設置を行い、商店街の活性化を図るための組合です。

詳しくはその他の組合のページへ!

 

 

▲Pagetop