「労務費の適切な転嫁のための価格交渉に関する指針」について

現下において、急激な物価上昇を乗り越え、持続的な構造的賃上げを実現するためには、特に我が国の雇用の7割を占める中小企業がその原資を確保できる取引環境を整備することが重要です。
 その取引環境の整備の一環として、 内閣官房及び公正取引委員会は「労務費の適切な転嫁のための価格交渉に関する指針」を策定し、11月29日(水)に公表されました。

また、指針に関する一般的な説明内容については、公正取引委員会の YouTube チャンネルにて動画配信(※リンク先で動画が流れます)も行っております。

つきましては、これらを参考にしていただき、持続的な構造的賃上げの実現に向けた取り組みの参考としてください。


▲Pagetop

 
 

当サイトは、Firefox,Chrome, Opera,Safariなどのモダンブラウザ最新版に最適化されています。

投稿記事カテゴリー